九州を中心に展開している歯科材料・歯科器械ディーラー「フォルディ」のオフィシャルホームページです。

書 籍
Book

検索をリセット

インプラント小技帖50

インプラント小技帖50
著者柴原清隆
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2022年3月サイズAB判
定価¥7,000-ページ数120 オールカラー
インプラント
臨床で違いを生むアイデア集、まずはここから。
優れた治療オプションの1つとしてすっかり市民権を得たインプラント治療。
一時期の賑わいが落ち着き、再生療法や大がかりな骨造成などから、インプラント周囲疾患や全身疾患を有する患者への配慮・リスク、あるいはインプラント体の撤去などが、日常臨床でのトピックになっています。
本書は、わが国のインプラントロジストのなかでも指折りの実力者である著者が、独創的あるいはニッチなちょっとした小技を披露。
しかし、小技と侮ることなかれ。
明日からの臨床ですぐに役立つこと間違いなしの技を蒐集した珠玉の書です。

【CONTENTS】
01 切開線を必ず描こう
02 ガイドはファーストドリルのみ使おう
03 口蓋・舌側の硬い骨はこのように削ろう
04 メス刃は何枚も使おう
05 浸潤麻酔はガーゼブロックしながら2本打つべし
06 ハンドピースを左手に持てれば便利
07 スクリュードライバーの持ち方にはコツがいる
08 患者説明は三種の神器でスマートに
09 クリニカルパスをスタッフに作ってもらおう
10 お金の説明はトリートメントコーディネーターにお任せ
11 オペレコはASAPで書こう
12 粘膜は有鉤マイクロアドソン鑷子で有効に剝離しよう
13 骨に火傷させないドリル方法はコレだ
14 フラップは2本の絹糸で保持して術野を展開しよう
15 カバースクリューを使うか、ヒーリングアバットメントを使うか
16 口唇と舌を排除する方法
17 GBRがダメだったときの判断方法は?
18 左手ではさみを持てる?
19 生体モニターはなぜ必要なのか?
20 ドリルはわずかに深めに掘ろう
21 触診に優る診断法はない
22 術翌日の血餅は経過良好のサイン
23 浸潤麻酔はこうやると疲れない
24 ペーパーサージェリーをやり倒そう
25 左手を制する者は外科を制す 他
PDFを表示

来院患者数10倍!歯科広告学入門

来院患者数10倍!歯科広告学入門
著者丸橋伸行
出版社デンタルダイヤモンド社
出版日2022年3月サイズA5判
定価¥5,000-ページ数160
歯科医院経営
歯科初!
患者さんが集まる「広告」のコツ、教えます。
『月刊デンタルダイヤモンド』の人気連載「宣伝で年間新患2,000人! 歯科医院経営における広告学入門」が待望の書籍化。ホームページや看板における、コンテンツ(内容)の作り方・見せ方、制作業者とのやりとりといった、ゼロからでも集患力の高い広告を作るノウハウを大公開。また、ノウハウのみではなく、広告を出す際のマインドや、歯科医院経営に広告を活かす方法も解説されています。「広告で集患したい!」と思ったときに知りたい情報が詰まった1冊です。

【CONTENTS】
第1章 広告マインド
第2章 広告ノウハウ
第3章 広告を歯科医院経営に活かす
PDFを表示

手に取るようにわかるコンポジットレジン修復のメソッド

手に取るようにわかるコンポジットレジン修復のメソッド
著者保坂啓一・畑山貴志・米倉和秀
出版社医歯薬出版
出版日2022年3月サイズA4判
定価¥8,000-ページ数176
歯科臨床一般
書籍やマニュアルなどを読んでいて“どのようにやるんだろう”と思ったことはないですか?!
●本書では、“なぜその器材を選ぶのか”“臨床で何を用いてどう使うのか”を多くの写真や図を用いてわかりやすく解説しています。
●コンポジットレジン修復の初学者から改めて学び直したいという方におすすめの一冊です。

【CONTENTS】
CHAPTER 1  術前の診査診断
CHAPTER 2  フィールドコントロール
CHAPTER 3  う蝕除去と窩洞形成
CHAPTER 4  マトリックスワーク(隔壁)
CHAPTER 5  接着操作
CHAPTER 6  前歯の充填
CHAPTER 7  臼歯の充填
CHAPTER 8  形態修正・研磨
CHAPTER 9  歯頸部修復
CHAPTER 10 術後評価と説明
PDFを表示

口にかかわるすべての人のための誤嚥性肺炎予防

口にかかわるすべての人のための誤嚥性肺炎予防
著者         その他
出版社医歯薬出版
出版日2022年3月サイズB5判
定価¥3,400-ページ数144 
歯科臨床一般
この本を手にして、誤嚥性肺炎の「予防」をはじめよう
●「口腔ケアと誤嚥性肺炎予防」の関係を世に知らしめた著者による、誤嚥性肺炎への理解とその予防のあり方について解説した一冊です。
●誤嚥性肺炎の「治療」は病院での医療ですが、「予防」は在宅施設にいる高齢者に関するあらゆる職種の人ができるものです。口のケアも大切ですが、それ以外にもやるべきことは数多くあります。その取り組み方について、解説しています。
●「口にかかわるすべての人」は、医師も歯科医師も歯科衛生士も薬剤師も管理栄養士・栄養士も理学療法士も言語聴覚士も作業療法士も、ケアーマネージャーも介護福祉士も含めます。すべての人が実践できる取り組みを本書に記載してあります。本書を読んで、誤嚥性肺炎予防に取り組んでみませんか?

【CONTENTS】
序章 「肺炎という老人の友」を考える意味と本書の意図
第1章 誤嚥性肺炎の「いま」
第2章 予防のために、誤嚥と誤嚥性肺炎を理解する
第3章 「口にかかわるすべての人」で取り組む誤嚥性肺炎予防
第4章 誤嚥性肺炎予防の、その先
PDFを表示

臨床家のための床矯正治療

バイオファンクショナルセラピーという新しいアプローチ
臨床家のための床矯正治療
著者花田真也
出版社医歯薬出版
出版日2022年1月サイズA4判
定価¥8,000-ページ数112 カラー
矯正
臨床家を対象として床矯正治療の進め方を体系的に解説した一冊!
本書を読めば、明日からの臨床が変わります。
小児歯科に興味をもつ開業医には必読の書!
▶床矯正治療の柱となるバイオファンクショナルセラピーの考え方を知っていますか?
▶本書では、メカニカルな治療だけでなく、機能を改善するためのバイオファンクショナルセラピーについても詳細に解説しています。
▶治療の開始時期は?各歯列期ごとのアプローチの違いは? 床矯正装置の調整法は?

【CONTENTS】
Part 1 歯列不正の分類
Part 2 バイオファンクショナルセラピー
Part 3 床矯正治療における顔貌の分析
Part 4 治療開始のタイミングと適応
Part 5 メカニカルな治療
Part 6 床矯正治療開始後の留意事項
PDFを表示
ページトップ